千代田区

文京区

新宿区

江東区

葛飾区

豊島区

株式会社グローバルキッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安心して長く働けることを第一に。社員の声を反映した休暇制度や福利厚生で働きやすい職場に。

総評

保育園の子どもたちを笑顔にするためには、まず輝いた大人を魅せましょうという考えを主軸に、社員の働きやすさを大切に考え続けてきた株式会社グローバルキッズ。

様々な社内制度が設けられており、特に休暇制度は充実している。入社後すぐに使えるいつでも休暇やアニバーサリー休暇は保育士にとって嬉しい休暇だ。孫の誕生日休暇というユニークな休暇もある。グローバルキッズでは年に一度「輝き度調査」という社員の意識調査を実施しており社員の声を吸い上げる仕組みがある。また、社員の社員による社員のための働きやすい組織づくりのための「リンカーン会議」というコミッティもあり、そこで社員同士が意見を出し合う場もある。そんな中から、実際に生まれた制度もあるそうだ。
また、有休休暇残日数が10日以上ある社員に対して計画的に有給休暇を取得させる制度や、付与日から2年経過した有給休暇を最大80日まで積み立てて、本人の病気療養や介護に使える制度など、社員の生活に優しい制度もなかなか他では見ない取り組みだ。同社は、社員が長く安心して働ける職場づくりに積極的なようだ。
さらに、保育士にとって保育の全体計画はとても重要なファクターだ。グローバルキッズでは、施設ごとに保育目標・保育方針といった全体的な計画を作成している。施設長や主任だけでなく、担当の正社員もパート社員も調理担当も全ての社員が一堂に会し、本社スタッフがサポートしながら自分たちがやりたい保育について話し合う。驚く事に、全員が全てに意見を出し合う。これはチームブックと呼ばれているもので、立てた目標や方針も大切だが、何より話し合いによるプロセスで普段話せない保育観を共有できたり、一体感を醸成できたりすることが大きな成果となっている。自分たちの施設のことは、自分たちで決めていく。その他、グローバルキッズでは様々な研修プログラムが豊富で、保育を支える仕組みと共に、社員のモチベーションを高める仕組みが整っているといえる。

給与

新卒初任給 額面 232,000円~258,120円(東京都内)4年制大学卒業

有給取得率

全園の平均有給取得率は70%

労働時間

月の平均残業時間は
1人あたり6時間

保育園レポート

洗練された雰囲気の建物のワンフロア。一見すると保育園らしくないが……

経営母体である株式会社グローバルキッズCOMPANYは、2017年に上場市場を東証マザーズから東証一部に変更。現在の保育業界を牽引する大手グループです。東京を中心に、神奈川、千葉、埼玉、そして大阪に全160施設以上を展開し、職員数はおよそ3,000名にのぼります。※2019年2月現在

今回は、グローバルキッズの本社が併設されたグローバルキッズ飯田橋園にお邪魔してきました。建物の外観は洗練されていて「ここが保育園?」と驚くほど。一見すると綺麗なオフィスビルのようです。しかし、上階の窓からは温かい光が漏れ、この建物の中に保育室があることが分かりました。建物の出入り口にはお迎えに来た保護者の方や、職員の方たちの姿も。

園内はどのような環境になっているのでしょうか。実際に見学してみましょう。

木のぬくもりを感じる園内。廊下には仕掛けも

園内に入ってみると、木を基調にした空間が広がっています。グループの保育園は、木の素材感を活かした園舎が多いのだとか。裸足で歩く子どもたちは木のぬくもりを感じることができそうです。

また、飯田橋園の廊下には本棚が設置されており、子どもたちがお迎えに来た保護者と一緒に絵本を楽しんでから帰ることもあるとのこと。

グローバルキッズが運営する保育園は、ビルのワンフロアから戸建てまで園舎のタイプは様々。限られた空間を有効に使い、子どもたちが快適に過ごし楽しく遊べる環境になっています。

全施設に休憩室完備。きちんと休憩できる

グローバルキッズでは全施設に休憩室が完備されているようです。保育室から離れることで、落ち着いて休憩をとることができます。

休憩室の広さは施設によって異なりますが、中にはマンションの一室を休憩室として使用していたり、職員が簡単な調理ができるようにミニキッチンが設置されているところもあるそうです。

休憩時間は作り物をしたり連絡帳を書いたりと、つい事務作業をしてしまいがちですが、しっかりと休めるスペースが用意されているとしっかり休むことができそうですね。

入社3年目の保育士の声

次に隣接するグローバルキッズ飯田橋こども園で働いている保育士の方の声を聞いてみましょう。

入社3年目現在は0歳児クラスの担任をしています。

━なぜグローバルキッズで働こうと思ったのですか?

保育理念に共感したからです。また、系列園が多く、色々な施設を経験できるというのも魅力に感じました。

━実際に働いてみての感想は?

威圧的でなく、子どもが主体的に考え、子どもに寄り添う丁寧な保育で、職員同士も良い関係を築けるところで働きたいと思って就職しました。現在、保育の中で疑問を感じることがあれば園の内外に相談できる人がいるので安心しています。

━今後、どんな保育をしていきたいですか?

グローバルキッズの一部の園では、ハンガリーの担当制保育を取り入れています。今後、担当制保育についてもよく学び、実践できるといいなと考えています。

160施設以上あるから自分に合った施設を選ぶことができる

保育士さんの言葉にもあったとおり、160施設以上展開するグローバルキッズでは、社内の他の施設へ異動することができます。

生活環境の変化や「別の施設を経験してみたい」、と思った時に、系列施設で再スタートを切りやすい環境と言えるでしょう。施設によってカラーは様々。子どもたちの定員数も保育室の環境も1施設ずつ異なります。自分にはどんな施設が合うのかを検討し、働く場所を選ぶチャンスがあるのです。また、施設数が多いため通勤に便利な職場を選択しやすいというメリットもあります。

しかし、これだけ多くの系列施設があると、施設ごとに待遇の差があるのではないか?施設長の方針によって働きやすさは変わってくるのではないか?と不安になるのも正直なところ……。

そういった「ちょっと聞きづらい疑問」を、思い切って人財サポート部の宇田川さんに聞いてみました!

人財サポート部長に気になる疑問をぶつけてみた

人財サポート部 部長 宇田川 三郎 さん

━働きやすさを考えた様々な制度が用意されているとのことですが、休暇を取りづらかったり残業が多かったりなど、施設によって差があるのでは……?

当社では「GKアプリ」というツールを使い、社内のコミュニケーション活性化に役立てています。社員一人ひとりにアカウントを付与し、全社員が一つのツールを通じて繋がることで違う施設の職員同士が交流したりノウハウを共有したりすることができます。

アプリの中には「お問い合わせ」機能があり、現場で働く保育士が施設を介さず本社の者に直接コンタクトを取ることができるのです。この機能を使えば、施設長や同僚には言いづらいことも会社側に相談することができます。

例えば、休暇が取りづらかったり、施設内の人間関係で悩んでいたり……。職員から発せられたSOSをキャッチしたら、各地のエリアマネージャーが駆けつけ個別に面談を行ったり、全施設に対して呼びかけを行い改善できるようにします。

また、もしも今働いている施設が自分に合わなかったら、その人にはどんなタイプの施設が合っているのかを一緒に考え、異動先の系列施設を紹介することも行っています。

━各園で働く職員の声を拾いやすい仕組みができているのですね。

我々は本社に「サポート部」を置いて、人、保育、運営の面から現場で働く人たちをサポートするのが本社の仕事だと思っています。保育をする大人たちが輝くことで、子どもたちも輝く。だから、いかに安心して働いてもらえるかに重点を置いて社内制度を整えているところです。

━グローバルキッズさんは設備面も面白いですね。園舎の中に遊び心を感じます。

設計を担当している人が遊び心満載なんです。室内に砂場を作ったり。普通は思いつきませんよね。子どもたちにとって安全な環境であることを前提として、ユニークな環境づくりは今後もチャレンジしていきたいです。グローバルキッズ飯田橋園の室内園庭は、大人にも人気です。私も仕事中に時間があれば足を運び、リフレッシュしています。

誕生日プレゼントや婚活のサポートも

グローバルキッズでは、休暇制度の他にも社員が安心して働くことができる様々な取り組みを行っているそうです。

毎年誕生日には、会社から自宅へプレゼントが届くというお楽しみが用意されているのだとか。どんな会社で働いているのか、家族にも知ってもらう機会になりますね。

また、女性が多い保育業界では異性との出会いの場が少ないため、グローバルキッズのパートナー会社が婚活をサポートしてくれるそうです。GKアプリから専用ページにアクセスし、割引価格でサービスを利用することができます。

取材後記

今日までに保育士たちが感じていた働きにくさや負担に真正面から向き合い、新たな策を打ち出してきたグローバルキッズ。本社サポート部が、保育の現場を強力にサポートしたり、ITツールを活用したり。一人ひとりの働き手までサポートが行き届くようになっている社内環境は魅力的です。

宇田川さんをはじめ、困ったことがあればサポート部の方が助けてくれるのも心強いと感じました。

(取材/佐藤愛美)

株式会社グローバルキッズの運営情報

法人名 株式会社グローバルキッズ
設立 2006年5月
代表取締役 代表取締役社長:石橋 宜忠
代表取締役:中正 雄一
本社所在地 東京都千代田区富士見二丁目14番36号
TEL 03-3239-7088
URL https://www.gkids.co.jp

施設一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*